>

歯を失ったときの治療法

この記事をシェアする

審美性や機能性を追求した治療

国が定めている保険を適用できる条件は、生活するうえでの最低限の健康を維持する治療のみとなっています。
虫歯や歯周病は疾病の治療するため、保険は適用されます。
歯を失った場合には、インプラント治療以外にもブリッジや入れ歯の治療があります。
ブリッジで歯が変色したり入れ歯のばねがみえてしまうなど見た目が気になる方もいらっしゃいます。
インプラント治療で使われる変色もなく耐久性のあるセラミックなどの材料は、保険が適用されません。
必要最低限の治療ではなく、審美性や機能性を向上することを目的としていると判断され保険が適用されません。
また、インプラント治療は材料やコストがかかり技術も必要なため、治療費が高額になってしまいます。
そのため保険を適用すると国は莫大な医療費が必要となり保険制度を維持することが難しくなります。

保険適用できる条件

国が定めた条件を満たし歯科医師の診断が必要です。
生まれつきの先天性疾患なら、顎の骨、上顎や下顎の1/3以上が連続して欠損している。
上顎の鼻腔や副鼻腔が繋がっている。
顎の骨が形成不全。
口腔がんや顎骨骨髄炎、腫瘍で顎の骨を切ってしまうような病気。
顎の骨を事故で欠損してしまう。
かなり特殊なケースで条件が限られています。
受け入れる歯科医院にも必要な条件があります。
病院に入院できるベッドが20床以上ある歯科、歯科口腔外科であること。
歯科、口腔外科で5年以上の勤務経験があるかインプラント治療を3年以上経験した歯科医師が2名以上常勤している。
当直の体制があること。
医療機器や医薬品を安全を確保している体制があること。
条件を満たす病院を探すことも必要となります。


トップへ